葬儀の正しい服装

葬儀に相応しい服装をする

トップ

真珠のアクセサリーについて

社会人になると葬儀に出席する機会が増えますが、基本的には洋装の喪服は、アクセサリーを付けることを前提にデザインされていることが多いです。アクセサリーで、一般的なのは一連の白のネックレスですが、年配の女性の場合は、黒やグレーの真珠を身に付けることが多いです。真珠の大きさは、7ミリから8ミリぐらいのサイズがちょうど良いです。ロングタイプのネックレスは、派手な印象になってしまうので避けるようにして下さい。若い年代の方や、学生の方はネックレスやイヤリングをつけていなくても、失礼にはならないので、安心して下さい。葬儀に出席する時は正しい服装で臨みましょう。

お葬式のアクセサリーについて

昔は葬儀、法事の席ではアクセサリー、時計など身に着けませんでしたが、現在は真珠なら良いと言う風習になっています。しかし、ネックレスにピアスなど重ね着けはタブーとされています。パールを2重で使用すると、不幸が重なるとされているためです。真珠を身に着ける文化は日本だけでなく、イギリスなどの海外でも使用されています。黒真珠が一番お悔やみの席で適していますが、白蝶真珠やグレーパールを身に着けても大丈夫です。しかし大きいのではなく、8mm位までの大きさが適しています。地域や参列する葬儀によって、習慣や風習があるため参列する前に調べておくとマナー違反にならないです。